害虫バスターズとは

薬剤不使用で害虫駆除を行うプロフェッショナルです。

安心・安全・薬剤不使用。その最善策のご要望にお応えできる害虫駆除・防除会社です。

■薬剤を使用しない加熱乾燥を中心とした害虫駆除

昭和64年に発足して以来25年。
こだわり続けてきたのは、『薬剤を使用しない加熱乾燥を中心とした害虫駆除』でした。

その中でも高出力・大容量の乾燥機を搭載し、どこにでも移動できる特殊車両「加熱乾燥車」が弊社の強みです。

薬剤不使用の害虫駆除は毎年、進化向上し、薬剤に頼っていた部分をさまざまな防除策を組み合わせることにより薬剤不使用を実現してきました。

■なぜ薬剤不使用にこだわってきたのか

なぜ害虫バスターズは薬剤不使用にこだわってきたのか。

過去に安全だと言われて問題になった「森永ヒ素ミルク事件」。色やつやも良い表向きにはおいしそうな、「農薬やワックスがけの農作物」。知らない間に子供達に危険をもたらしていた「シックハウス問題」。

世の中には私達にまだ「見えないもの」「わからないもの」があふれています。

「わからないもの」に大切な家族や自分の命・健康を預けるくらいなら、
わからない物は「使わない」とゆうことが最も安全な方法だ。これが私達の信念です。

これからも薬剤不使用の可能性の追及に精進してまいります。

■薬剤不使用でお年寄りや小さなお子様、ご近所さんにも安心

薬剤によるアレルギーなどの二次的な被害も全く無く、
病院や介護施設・お年寄りや小さなお子様がいるご家庭まで、広範囲での使用が可能で、薬剤のように「散布したら2、3日は部屋に入れない」ということも無く、作業中に留守にする必要もありません。

薬剤には不向きな寝具類(布団・枕・パットなど)や、
多層構造でなかなか薬剤が届きにくい物(ベッドボトム・マットなど)に対しても加熱乾燥車ならその日に害虫を死滅させる事が可能です。

安心・安全・薬剤不使用で駆除できる理由がここにあります。

また、最近寄せられるお話で「害虫駆除業者が駆除に来ると薬剤を散布するのでご近所の目が気になる」というお話でした。害虫バスターズは薬剤不使用ですので、ご近所にお年寄りや小さなお子様が住んでおられても全く問題ありません。

私達の主となる防除策は、「IPM」総合的病害虫管理です。

■人間にも自然環境にも犠牲を払わないIPM(総合防除)

IPM(総合防除)とは、農業の分野で確立された方法です。
当たり前のよう使用されてきた、農業の分野での薬剤。
農作物の農薬残留・環境汚染・動植物への影響が重要視されるようになったのを発端に、薬剤だけに頼らない多様な防除方法で人間にも自然環境にも犠牲を払わない様に策を講じてきたのです。

    【様々な害虫防除策】
  • 物理的方法:捕殺・隔離・温度など(トラップ・死滅)
  • 化学的方法:殺虫剤・フェロモンなど(少量の薬剤使用)
  • 生物的方法:天敵動物・昆虫・微生物など(捕食)
  • 環境的方法:清掃・整理整頓など(早期発見・発生させない)

■薬剤だけに頼らない防除策が見直されてきています

都市居住環境研究所の吉川翠先生も、物理的方法が一番有効であると仰っています。 具体的には、加熱乾燥車などの熱処理やドライアイス処理などです。様々な防除策を組み合わせ、より高い防除を目指しています。

薬剤に頼りきっていた害虫業界においても、薬剤だけに頼らない防除策が見直されてきています。 実際に、薬剤の多様で耐性をつけたトコジラミの大発生などで、薬剤だけでは駆除できない現実もあります。

★薬剤に頼らない防除策のご紹介
加熱乾燥処理 太陽の熱と比べ4倍の乾燥力と60倍の殺菌力を持ち、
キングサイズの ベッドも入る専用設計の乾燥車。保有台数は5台。
スポット熱処理 加熱乾燥車に入らない部屋や移動できない物は、60℃以上の熱で害虫を
熱処理します。
スチーム処理 屋内の隙間に入り込んだ、害虫は高温の蒸気で熱処理します。
ドライアイス処理 マイナス80℃のドライパウダーで瞬間冷凍します。
バキューム処理 IPM防除(総合防除)の基本。掃除機でバキュームし取り除きます。
トラップ処理 粘着や誘因などのトラップで効率良く捕殺します。
トコジラミ緊急キット トコジラミ発生時の早期対処製品。
被害の拡大を最小限に抑える プロが選んだキット。
アルコール処理 隙間に潜り込んだ害虫を追い出し、物理的方法で駆除します。
環境処理 いくら駆除をしても、根本的な環境を整えないと再発の危険性があります。
害虫の温床を招く、ハウスダスト・カビやアレルゲンなどを寝具の丸洗いや
清掃などで除去・ご提案します。
化学的処理 電化製品などの精密機械には、窒素ガスの置換で害虫を酸欠にします。


処理方法も様々ですが、お客さまの生活環境も様々。お客様のご要望をお聞きし、寄り添い、丁寧に駆除方法を組み合わせ、お客様専用の防除プランをお作りします。

害虫は45℃以上で死にます。タンパク質は45℃以上の熱を与えると変性し凝固します。
加熱駆除のイラスト

昆虫の体内構成物質である、たんぱく質は45℃以上の熱を与えると変性し凝固します。それは、生卵に熱を加えると、ゆで卵になる理論と同じです。

害虫バスターズの加熱乾燥車は、トラックに大きな乾燥機を積み、100℃を超す熱風の力で害虫を駆除します。 布団の中心や、家具の隙間に入り込んだ害虫に熱を隅々まで加える事が可能です。

薬剤の利かなくなったスーパー南京虫や、太陽熱では死滅しないトコジラミやダニの卵に45℃以上の熱を的確に与える事が出来るのです。その他、畳に発生するチャタテムシ・シバンムシ・アリガタバチなども全て45℃以上の熱で死滅します。

ベランダに布団を干してある光景をよく見かけますが、太陽の下で干すだけでは、45℃に達しないので害虫は完全には駆除できません。布団についた害虫などを完全に駆除したい場合などもお気軽に害虫バスターズまでご連絡ください(^^)

>>害虫バスターズ3つの強みはこちらから

害虫バスターズとは?

薬剤不使用で害虫駆除を
行うプロフェッショナル
です。

お問合わせ
LINE@お問い合わせ
お問い合わせご相談はこちらから 害虫コンテンツ トコジラミ駆除 シバンムシ駆除 チャタテムシ駆除 サービス案内・料金 施工までの流れ 駆除・施工実績ブログ
害虫駆除業者様へ 当社が力になります
業務用布団乾燥サービス
防除セミナー受付中
  • お電話はこちら(平日9~18時)
  • クリーンボーイ大阪株式会社
  • TEL:06-6623-0913
  • FAX:06-6623-0589
  • メール:info@clean-boy.com
Facebookもチェック Instagram